ハブラボ_200923.jpg
アセット 2@2x-100.jpg

​素材リユース

アセット 6@2x-100.jpg
アセット 9@2x-100.jpg
アセット 11@2x-100.jpg

企業廃材や食材をリユースし、捨てないことによる

​地球温暖化防止と教育・飲食店営業に繋げます。

HUBLab.(ハブラボ)

「創造力と社会循環の生まれる場所」

企業廃材をアートのための素材としてストックしています。

​地元企業から出るリサイクル廃材が、アート素材として人を育てる媒体となり、新たな社会循環を生み出します。

「子供の自主性とチームワーク」

イタリアの幼児教育・レッジョエミリアアプローチをベースとしたワークショップを定期開催。多様なストック素材から子ども自身が何をしたいかを決め、どうしたら出来るかを仲間や私たちと一緒に考え、自主性と協調性を育てます。

「コミュニケーションの生まれる場」

ありがとうファームのハンディキャップアーティストが運営を行い、インクルーシブな場を作ります。工房が併設されており、子どもから大人まで表現活動や交流の場として利用できます。

HubLab.

SPONSORED

ハブラボに廃材をご提供くださっている企業のみなさまです。

​岡山市教育委員会の後援を受け、毎月1万枚のチラシを近隣の小学校へお配りしております。ご協賛いただけますとチラシに企業名・ロゴをお入れいたしますので、PRにもご活用いただけます。

協賛:月額1万円~

ハブラボ_200923.jpg

廃材提供

「ムレンマスクの端切れ」

「ワインのコルク」

「建築用木材」

「キャンバス地」

「のぼり旗の端切れ」

「革製品の端切れ」

協賛

WORKSHOP

過去に実施したハブラボのワークショップです。

OPEN Lab.(オープンラボ)

工房室を開放し、ラボ内の素材や道具を自由に使えます。

​不登校・障がいを持つ子どもたちの第3の居場所としても活用可能。同じ経験を持つハブラボスタッフ・ハンディキャップアーティストがお迎えします。

MEDIA

​KSB「高校生と見つけるわたしたちのSDGs」でハブラボが紹介されました。

お客様としてご参加したい場合は、こちらのリンク先応募フォームよりご連絡ください。

最新情報・ラボの様子はInstagramでも​配信中です!

インスタ.png

廃材提供・運営協賛・講師など

その他お問い合わせはこちらから